2005年09月28日

法務省

Sponsored Links
amazon.co.jp
amazon.co.jp
1885年(明治18年) 内閣設置 司法大臣 山田顕義  1947年(昭和22年)5月3日 日本国憲法と裁判所法の施行に伴い「裁判所」を分離  1948年(昭


法務省


法務省(ほうむしょう、Ministry of Justice)は、基本法制の維持及び整備、法秩序の維持、国民の権利擁護、国の利害に関係のある争訟の統一的かつ適正な処理並びに出入国の公正な管理を図ることを任務とする国の行政機関(法務省設置法3条、中央省庁等改革法別表1参照)。いわゆる中央省庁の一つで、国務大臣たる法務大臣をその長とする。大日本帝国憲法時代の司法省がその前身である。司法制度、民事行政(国籍、戸籍、登記、供託)、刑事・民事法の立案、検察庁|検察、矯正、更生保護、国の利害に関係のある争訟、人権擁護、出入国管理、公安調査等をその所管事項とする。
法治国家の象徴として各省の筆頭とされる。閣僚名簿では法務大臣が国務大臣の筆頭、省庁名簿では内閣総理大臣が主務大臣を務める総理府に次いで、省の筆頭と位置づけられた。中央省庁再編後は、郵政省、自治省、総務庁が国家の総務を司る総務省となったことにより、その次の筆頭となっている。

沿革


* 1872年(明治5年) 初代司法卿 江藤新平
* 1885年(明治18年) 内閣設置 司法大臣 山田顕義
* 1947年(昭和22年)5月3日 日本国憲法と裁判所法の施行に伴い「裁判所」を分離
* 1948年(昭和23年)2月15日 法務庁設置法により、司法省を廃止し法務庁となる(長は法務総裁)。
* 1949年(昭和24年)6月1日 行政機構改革により、法務庁を法務府と改称(前同)
* 1952年(昭和27年)8月1日 行政機構改革により、法務府を法務省と改称(長は法務大臣)
* 2001年(平成13年)1月6日 中央省庁再編における(新)法務省設置法により、(旧)法務省を廃止し(新)法務省発足


Wikipediaより引用 - Article - History - License:GFDL






amazon.co.jp

犯罪白書〈平成7年版〉


家族のきずなを考える―少年院・少年鑑別所の現場から


最新 商業登記読本


最新商業登記読本


犯罪白書〈昭和61年版〉犯罪被害の原因と対策




日本は"法治国家"では <ブログ・カミカゼ:燃えよ!>
、確定から一年後の死刑は宅間死刑囚の一例のみです。他の死刑囚の場合、少なくとも四年程度の経過があった後です。法務省は"死刑執行の時期"について、「死刑制度を取り巻く状況などを踏まえた上で進めている」と説明していますが、そんな根拠
戸籍簿、原則非公開に <最新法律情報室>
法務省が、戸籍簿を原則として非公開にし、本人、親族、公務員、弁護士など以外は、謄本・抄本、記載事項証明書の請求ができないように戸籍法を改正する方針を固めたそうです。秋の法制審議会に諮問し、2006年の通常国会での改正案提出を目指す。
咎人増やして、おまけに財政も <モノーキー>
窃盗罪に罰金刑導入、万引きなどに適用検討…法務省(情報元:カトゆー) いや、端金だから財政を潤う目的じゃないだろうけど。>起訴猶予処分としたり、裁判になっても執行猶予判決となることが多かった。猶予処分とかになった場合、犯罪率は
日本へ一時帰国 <あぶぶの海外滞在日記>
2つあって、 1つが、友人の結婚式に参加 (おめでとー ハッシー&サトミちゃん) で、もう1つがなんと入籍だったんです。ハイ まあ、結論からいうとオイラの婚姻届は市役所か法務省か外務省で保留中となって いるようです・・・・・・・・・・ まあ、
明日、司法書士試験(筆記 <司法書士 望月久事務所>
の日です。筆記試験の合格者について、10月11日に口述試験が行われます。今年の出願者は 31,061名でした。(昨年の出願者は29,958名 最終合格者は865名 合格率は2.9%でした)司法書士試験受験案内(法務省) →http://www.moj.
「談合業務課」(光文社 <古賀純一郎さんのページ>
くのは、それに公官庁そして日銀を含めた特殊法人が加わっているのだからもう処置なしである。検事さんが中枢を占めるあの法務省も例外ではない。談合によって、価格は3割程度アップするといわれる。その背景にはこんな体制があるのを初めて知っ
[by-talk] 瀕死の議会 <モジモジ君の日記。みたいな>
時間にわたって質問した経験がある。「労働者の権利」に関わる個々具体的なケースを想定して、法案提出者である法務省民事局の解釈を質した。新法の条文に則した国会審議の記録は、行政や司法の現場で使われる。民事再生法の
の解説(法務省当局者に <[ボ]>
平成17年7月12日施行のものです。今回の改正は,旅券等不正受交付罪(及びその未遂罪)の新設(偽造パスポート等の受交付そのものを処罰対象としたもの)などの内容を含みます。
[新刊法律書籍]刑法の改正 <[ボ]>
こちらも,法務省当局者による解説です。今回の改正では,実務的には,よくみられる罪名である逮捕監禁罪の改正(法定刑長期5年→7年)が重要ですね。平成17年7月12日より前の逮捕監禁については,平成17年法律第66号による改正前
児童・少年の犯罪に <Troubled days>
恥ずべき事件の一つであることに替わりは無いと思う。また、これらの障害児を放置している厚生労働省、画一的な法律しか施行しない法務省と官僚達が如何に仕事をしていないかを示しているのではないだろうか。真の加害者は彼ら




posted by magi34poss at 11:07| Comment(24) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。